2010年07月03日

釣行時の悩み

この季節ぐらいから釣行時の服装が微妙に難しくなってくるんです。
冬は寒いから厚着で大丈夫なんですが初夏となると夜はまだ寒い時が
あるし朝方になると太陽がでてきて長袖なんかだと暑くて汗ダラダラに。。。

私は長袖のT-シャツにウィンドブレーカーなんかで夜はしのいで
朝にはT-シャツで腕まくりをしているというスタイル。

こうなると腕なんかが露出してくるのでそうなると。。。

そうです。

・・・「蚊」

こいつとの戦いになってくるワケです(笑)
特にボトムを攻めているときなんかは動きを止めてますから
格好の蚊の餌食に(笑)
蚊がくると追い払おうとしてヘンなロッドアクションが入ってしまったり(^^:

そんな中
「Light Action」
〜渓流ルアーマンの新しいスタイルを提案するHPブログ〜
http://yourl.be/9ow
のuenoさんの記事を見てからは参考にさせて頂いています。

何かというと虫除けスプレーなんですが
「ミントスプレー」なんです。

私なんかは市販スプレーとか使っても蚊に刺されることもあるのに
このスプレーだと明らかに蚊が近寄ってきません。
久々にヒット商品でした。

ただ、顔にむかって使ってしまうと・・・しばらくは目があきませんのでご注意を。



敏腕アングラーブログはこちら↓からどうぞ
人気ブログランキングへ
posted by pikari at 00:40| 広島 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

尻尾アタック!!

6月19日(土)
AM2:00〜AM6:30
場所:的場
潮:小潮
干潮:AM3:26

まずはこれを見てほしい。

001.jpg




なんだメバルの画像か・・・と思った人。







よーく見てください。







これヒッチング(引っ掛けた)ではありません。

以前、「メバルは尻尾でじゃれてくることがある。」って聞いたことがありましたが
本当に尻尾アタックであたりがでるとは驚きでした。



この日の状況としては
オープンスペースでは小さいライズあり。
潮高は高く堤防下すぐに海面があるほど。
しかし、小潮ということで潮はゆるやかに流れる程度。

ライズがあったオープンスペースにリグを通すも反応なし。
この時点で「シブい」と予想。


表層からボトムまで探るが案の定あたりはなし。
ライズがあるということは魚はいる。

でも口を使ってくれない。


こうなるとリグを小さくしていくのが自己流。
JHを0.6gまで下げてガン玉スプリットに。


それでもダメ。


こうなるとほぼオープンスペースでの勝負は難しい。
障害物まわりにポイントは移っていくのだが
このポイントは明かり無し。

障害物まわりを狙うのはロッドワークと使うリグの重さで
どれくらい飛距離がでるのかを認識していないと
障害物にリグをひっかけてロストにつながってしまう。


リグはさっきと同じ0.6gスプリット。

狙いどころはくの字に曲がった堤防先端の内側。
ここは沖からの潮があたってくる場所。
内側には鉄格子的な階段が水中にのびている。
魚が着くには条件がいい。


少し離れた場所から階段部を狙ってキャスト。
着水音からしてジャストな位置。

着水直後から表層引き。

リールを巻き始めて1,2秒。

・・・ゴッンッ!!


やはりココかと狙いがあたり少し嬉しくなったが
あがってきた魚をみて驚き。

冒頭の画像でもわかるように尻尾にフッキング。

なんでなのかは正直よくわからないが食性からくるバイトではなく
縄張り的な攻撃に近いのではないかなぁ〜。


まだまだ奥が深い。
これだからやめれません。

そうそう。
開高健(かいこうたけし)さんの有名著書「オーパ!」にも掲載されている有名な言葉にこんなのがあります。


一時間、幸せになりたかったらら
酒を飲みなさい。

三日間、幸せになりたかったら
結婚しなさい。

八日間、幸せになりたかったら
豚を殺して食べなさい。

永遠に、幸せになりたかったら
釣りを覚えなさい。



釣りには深い魅力があると思います。
これからも釣りを追及していきたいと思います。

オーパ!直筆原稿版

オーパ!直筆原稿版

価格:3,150円(税込、送料別)


posted by pikari at 20:33| 広島 ☔| Comment(5) | メバリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

春アオリ

5月29日(土)
AM2:00〜AM6:30
場所:忠海
潮:大潮
干潮:AM4:30

春アオリでもということで
メジャーポイントへGO!

まぁ〜メバルがメインで途中から
片手間にアオリでもって感じでした。。。

メバルはあんまり、梅雨メバルはいままでのメバルとは
釣れ方って変わってくると思っている。
なんというか・・・セレクティブ。

普通にジグヘッド+ワームを通しても無反応。
この時点でたいていの人は魚がいないと判断すると思う。

。。。が、魚はいるんですよね。

私が気をつけている点ですが

≪食わせる間を強めに作ること≫

流れとしては
タダ巻き⇒クッと止める・・・コッ!!⇒フッキング

コレ大事。
(まぁ〜梅雨メバルだけではなく一般的に効果的ですが(笑))


メバルと戯れて午前3時。。。

このへんでアオリに移りぎみ。。

3号エギを潮目に乗せて着底寸前にスラックジャーク(というなのやる気なしジャーク)を2発。

フリーフォールでラインにテンションがかかってくるかなってところで

・・・・コッ・・・(イカパーンチ)

フッキングしても・・!?・・ウゴカナイ。


これはデカイなって思った瞬間。。。ドラグが高速回転でジージー回転。

う〜ん・・耐える・・・耐える・・・耐える。

そして巻き取り・・・なかなか浮いてこない。
そんなやりとりの間にドラグ作動が数回。

やっと浮いてきたヤツを見て・・・ビックリ!!!!!

1キロ・・!?いや・2キロ・・・!?いや2.5キロはある。
モンスターとはこういうヤツをいうのだろう。

寄せてきたのはいいが・・・あっ! 「タモがない」
抜きアゲは・・・う〜ん・無理っぽい。

PE0.8号+フロロ3号というシーバスチックなセッティングではあるが
それでも無理だと感じさせる。

船着き場に抜きあげるにも50cmはあげないといけないし。。。
感覚的にその高さの抜きアゲも無理な感じ。

だれかタモもってこないかとしばし休憩していても誰もこない。

・・・ここで決断。

抜きアゲにチャレンジ。



イカの重さをバットに乗せてそーっとチカラをかけていく。

う〜ん。。。・・・・バチっ・・・△×■○、、、。



ラインブレイク。



ハァ〜。やってしまった。



取れていたら間違いなく自己記録。




まさしく後悔さきにたたず。
(写真もなくすんません)
posted by pikari at 23:30| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。