2010年06月16日

春アオリ

5月29日(土)
AM2:00〜AM6:30
場所:忠海
潮:大潮
干潮:AM4:30

春アオリでもということで
メジャーポイントへGO!

まぁ〜メバルがメインで途中から
片手間にアオリでもって感じでした。。。

メバルはあんまり、梅雨メバルはいままでのメバルとは
釣れ方って変わってくると思っている。
なんというか・・・セレクティブ。

普通にジグヘッド+ワームを通しても無反応。
この時点でたいていの人は魚がいないと判断すると思う。

。。。が、魚はいるんですよね。

私が気をつけている点ですが

≪食わせる間を強めに作ること≫

流れとしては
タダ巻き⇒クッと止める・・・コッ!!⇒フッキング

コレ大事。
(まぁ〜梅雨メバルだけではなく一般的に効果的ですが(笑))


メバルと戯れて午前3時。。。

このへんでアオリに移りぎみ。。

3号エギを潮目に乗せて着底寸前にスラックジャーク(というなのやる気なしジャーク)を2発。

フリーフォールでラインにテンションがかかってくるかなってところで

・・・・コッ・・・(イカパーンチ)

フッキングしても・・!?・・ウゴカナイ。


これはデカイなって思った瞬間。。。ドラグが高速回転でジージー回転。

う〜ん・・耐える・・・耐える・・・耐える。

そして巻き取り・・・なかなか浮いてこない。
そんなやりとりの間にドラグ作動が数回。

やっと浮いてきたヤツを見て・・・ビックリ!!!!!

1キロ・・!?いや・2キロ・・・!?いや2.5キロはある。
モンスターとはこういうヤツをいうのだろう。

寄せてきたのはいいが・・・あっ! 「タモがない」
抜きアゲは・・・う〜ん・無理っぽい。

PE0.8号+フロロ3号というシーバスチックなセッティングではあるが
それでも無理だと感じさせる。

船着き場に抜きあげるにも50cmはあげないといけないし。。。
感覚的にその高さの抜きアゲも無理な感じ。

だれかタモもってこないかとしばし休憩していても誰もこない。

・・・ここで決断。

抜きアゲにチャレンジ。



イカの重さをバットに乗せてそーっとチカラをかけていく。

う〜ん。。。・・・・バチっ・・・△×■○、、、。



ラインブレイク。



ハァ〜。やってしまった。



取れていたら間違いなく自己記録。




まさしく後悔さきにたたず。
(写真もなくすんません)
posted by pikari at 23:30| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。